WOWOW 連続ドラマW「下町ロケット」

WOWOW 連続ドラマW「下町ロケット」

2011年8月21日から9月18日まで毎週日曜日22時、WOWOWで放送された連続ドラマ。全5話。

主人公の佃航平を演じるのは三上博史。基本的なストーリーは原作に忠実だが、神谷弁護士が女性であったり、「佃製作所」が「つくだ製作所」に変わってたりと、一部設定が変更されている。

2012年に「第29回ATP賞 テレビグランプリ2012」のドラマ部門で優秀賞を受賞。同スタッフによる池井戸潤原作ドラマ「空飛ぶタイヤ」とともに高い評価を得ている。

2012年1月6日にポニーキャニオンからDVD&Blu-rayがりリースされた。

目次

あらすじ

かつて、宇宙ロケットの開発を担当していた佃航平(三上博史)は、ロケット打ち上げ失敗の責任から宇宙科学開発機構を辞め、今は下町の小さな町工場・つくだ製作所を経営していた。ある日、佃のもとに一通の訴状が届く。相手は容赦ない法廷戦略を駆使し、中小の町工場を叩き潰すナカシマ精機だ。つくだ製作所は主力製品が特許侵害で訴えられたことで次々と受注がなくなり、会社存亡の危機に立たされる。
一方、日本を代表する大企業・帝国重工では純国産ロケットの打ち上げプロジェクト「スターダスト計画」が記者発表されていた。順調に計画が進む中、プロジェクトの責任者・財前道生(渡部篤郎)のもとに、衝撃的な報告が入る。帝国重工が総力をあげて開発したエンジン部品の特許技術が、既につくだ製作所の特許として登録されていたのだ。その部品がなければ、ロケットは飛ばない。窮地に立たされた財前は、佃にその特許を20億円で譲ってほしいと申し出るのだが。

参照元:http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/060546/#intro

第1話

第1話

下町の町工場・つくだ製作所を経営する佃航平(三上博史)のもとに、一通の訴状が届く。自社の主力製品が、大企業・ナカシマ精機の特許を侵害しているというのだ。相手の法廷戦略により、製作所は存亡の危機に立たされる。一方、帝国重工では国産ロケット打ち上げ計画が進んでいたが、その責任者・財前道生(渡部篤郎)は衝撃的な事実を知る。自社開発した部品の技術が、既につくだ製作所の特許技術として登録されていたのだ。

放送日:2011年8月21日

第2話

第2話

佃(三上博史)はナカシマ精機との第1回公判を終え、慣れない特許裁判の先行きに不安を感じる。裁判の影響からつくだ製作所は大口取引先との契約も徐々に停止され、社員達に動揺が広がる。そんな矢先、特許裁判を得意とする弁護士・神谷涼子(寺島しのぶ)が佃のもとを訪れ、ある提案をする。一方、帝国重工の財前(渡部篤郎)は、主要部品の特許取得がつくだ製作所に先を越されていたことの責任を上司の水原から追及される。

放送日:2011年8月28日

第3話

第3話

佃(三上博史)は帝国重工・財前(渡部篤郎)からの特許買い取り提案を拒否する。会社の経営状況を心配する社員達は、その決断を下した佃に対して反発。部品供給という夢を主張する社長の佃と、現実的な考えを持つ社員達の間に溝が生まれる。一方、財前も特許が手に入らず、社内での立場が危うくなっていた。佃に弁護を名乗り出た神谷(寺島しのぶ)であったが、ナカシマ精機側の弁護士・大川から思わぬ妨害を受け困惑する。

放送日:2011年9月4日

第4話

第4話

佃(三上博史)は元同僚の本木からロケット技術者に復帰しないかと誘われ、夢と現実の間で思い悩む。つくだ製作所の担当を外された財前(渡部篤郎)に代わり、部下の富山が部品供給のテストを実施。技術面、財務面ともに厳しい基準で審査する帝国重工に対して、つくだ製作所の社員達は自信を失う。一方、長引いていたナカシマ精機との特許裁判であったが、神谷(寺島しのぶ)がとった行動をきっかけにして、事態が急転する。

放送日:2011年9月11日

第5話(最終話)

第5話(最終話)

一致団結したつくだ製作所は持ち前の技術力を発揮し、部品供給のテストで好成績を得る。しかし、納品において予想外のミスが発覚。佃(三上博史)は富山からテスト中止を通告される。再納品を懇願する佃に対して、富山は断固としてそれを拒否。望みを絶たれた佃の前に、財前(渡部篤郎)が現れる・・・。果たして、佃は自らの夢、そして仲間、家族の夢を乗せて、ロケットを宇宙へと打ち上げることができるのだろうか。

放送日:2011年9月18日

キャスト

つくだ製作所

佃 航平 – 三上博史
江原 春樹 – 池内博之
真野 賢作 – 綾野剛
山崎 光彦 – 松尾諭
津野 薫 – 光石研
殿村 直弘 – 小市慢太郎
田辺 篤 – 井上高志

帝国重工

鈴木 智美 – 原田夏希
富山 敬治 – 眞島秀和
浅木 誠一 – 忍成修吾
田村 – 野間口徹
水原 重治 – 升毅
藤間 秀樹 – 田村亮
財前 道生 – 渡部篤郎

神谷法律事務所

神谷 涼子 – 寺島しのぶ

宇宙科学開発機構

本木 孝 – 堀部圭亮
大場 一義 – 古谷一行(特別出演)
和泉 沙耶 – 水野真紀

ナカシマ精機

三田 公康 – 佐藤二朗
大川 京一 – 小木茂光

佃家

佃 利菜 – 美山加恋
佃 和枝 – 長内美那子

その他

財前 冬美 – 奥田恵梨華
岩崎 – 螢雪次朗
裁判官 – 相島一之
須田 – 津田寛治
根木 節生 – 阿南健治
テレビリポーター – 羽田沙織

スタッフ

監督 – 鈴木浩介、水谷俊之
脚本 – 前川洋一
プロデューサー – 青木泰憲、土橋覚
音楽 – 羽岡佳
エンディングテーマ – エルヴィス・コステロ「スマイル」(ユニバーサルインターナショナル)
撮影 – 柳田裕男
照明 – 宮尾康史
録音 – 重松健太郎
編集 – 石川浩通
美術 – 乙竹恭慶
衣裳 – 冨樫理英、工藤あずさ
制作協力 – 東阪企画
協力 – JAXA
製作著作 – WOWOW